メニュー

不妊治療について

Doctor consults a young couple

娠を希望し性生活を行い1年以上妊娠に至れない状態の事を不妊症と言います。
当院の院長が大学病院勤務時代に不妊症の専門外来を担当していた経験を元に、それぞれの方に最適な治療プランを提案させていただきます。

原因

男性側にある場合が40%、女性側にある場合40%、お二人にある場合が15%、原因不明な場合が15%の確立で原因が有ると言われ女性の疾患による不妊のほとんどが卵管因子が原因とされる事が多く、その他に内分泌・排卵因子、子宮因子などに原因がある事があります。

検査

当院では以下の検査が可能です。

・ホルモン採血
・超音波検査
・性感染症検査(クラミジア・淋菌)
・頚管粘液検査
・ヒューナーテスト
・精液検査
・子宮卵管造影(レントゲン検査)
・AMH検査(AMH検査とは?

治療

健康調査や血液分析によるホルモン量の分析など診断をし、原因や母胎への影響を考えた診療を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME