メニュー

糖尿病について

糖尿病とは

尿病は、慢性的に血糖値が高くなる状態です。

成因は4つあり、1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子の異常や他の病気が原因となる糖尿病、妊娠糖尿病に分けられます。特に2型糖尿病が劇的に増えているのが問題となっています。

糖尿病にならないようにするには?

tounyo01アメリカで行われた糖尿病の予防研究では、生活習慣を変えた人(7%以上の体重減少と週に150分以上の運動)に予防効果が認められました。また、フィンランドで行われた研究によると、過体重や肥満で耐糖能異常の人では、

  1. 5%以上の体重減少
  2. 脂肪を総エネルギーの30%未満、
  3. 飽和脂肪酸を総エネルギーの10%未満
  4. 食物繊維を1000kcalあたり15g以上
  5. 運動を1日30分以上

を実践した人ほど糖尿病になる率を抑えられたと報告されています。
バランスのとれた食生活、運動習慣、体重減少が最も効果があるようです。

糖尿病になってしまったら?

きちんと検査を受け、適切な食事療法、運動療法と薬物療法を組み合わせることで、血糖コントロールは良好に保たれます。HbA1c(NGSP)を6.9%未満に保つことで、糖尿病の合併症が起こりにくくなると言われています。糖尿病は自己管理が大切ですが、一人で悩まず、当院で遠慮なくご相談ください。

もし合併症が進行してから糖尿病が分かったとしても、同じように血糖コントロールを良好に保つことで、合併症の進展を抑えることができます。糖尿病と診断されたら、上手に長く付き合っていくことが大切です。

tounyo02

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME