メニュー

高血圧について

高血圧とは

血圧とは、長期間、血圧の高い状態が続くことによって、心臓、脳、腎臓、血管などの全身の臓器が痛んでいく全身性の病気です。外来での収縮期血圧(高い方)が140mmHg以上、または拡張期血圧(低い方)が90mmHg以上が持続する場合を高血圧と呼んでいます。

高血圧治療

高血圧治療を開始する場合は、高血圧の重症度だけでなく、併存する危険因子や臓器障害、合併症などを把握し、リスクの層別化を行います。これらのリスクの程度に応じて非薬物療法や降圧薬治療を適応が決まり、高血圧が重症であるほど、そしてリスクが高いほど、速やかに降圧治療を進めることが必要です。下記の表でリスクありの場合は、当院でご相談ください。

koketsuatsu

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME